診療科

緩和ケア

腹水濾過濃縮再静注法を導入しています

癌の進行(癌性腹水)や肝硬変(肝性腹水)などで腹腔内に腹水が貯まることがあります。
腹水が貯留すると腹部の膨満や苦痛を伴い、また下肢浮腫、腎機能障害なども併発します。

腹水を抜くことで腹水貯留に伴う症状の緩和、抜いた腹水から癌細胞などの有害な物質を濾過し、からだに必要な蛋白成分(アルブミン、グロブリン)を濃縮後静脈内に再度戻す方法です。

緩和ケア

症状の緩和により抗癌剤治療の再開や食事摂取の改善が期待できます。

緩和ケア

KM-CARTは従来のCARTよりシンプルで操作も簡便、短時間で多くの腹水の処理を可能とした方法です。
当院では担当医師、看護師がCART研究会にて研修・指導をうけ十分な経験症例を経て中部地方初の認定施設となっております。

詳しい内容をお知りになりたい方は、下記のアドレスにてご覧になってください。
http://www.fukusui-cart.com/about/

KM-CART認定施設名

KM-CART認定施設名