部門紹介

薬剤科

薬剤科について

薬剤科では、医療品の供給と調剤、薬学的患者ケアを実践するとともに、院内の各種チーム医療に参加して、高次医療を医薬品に関連する業務全ての面で支えています。

供給に関しては、医薬品の在庫・品質管理を通じ必要な薬を安定して確保する役割を担っています。

調剤に関しては、処方せんに基づき、内服・外用・注射薬を調剤し医療スタッフはもとより患者さん自身に必要な情報提供・服薬支援を行っています。

薬学的患者ケアに関しては、入院患者さんの持参薬確認、入院・外来患者さんの処方設計・処方提案を通じ医師と協働し有効・安全な薬物療法を支えて、患者さんの健康とQOLの向上につながる臨床薬剤業務を行っています。

主な業務

調剤業務

院外処方箋の発行率は99%以上で、入院の患者様中心の調剤業務を行っており、薬物療法の安全管理向上と医薬品の適正使用を図っています。

注射剤のセッティング業務

入院の患者様に対し、個人別に使用注射剤をセットしています。
その際、投与量・薬剤の重複・配合不可等のチェックを行い、安全管理の徹底を図っています。

薬剤管理指導業務

入院の患者様に処方されている医薬品に関して、薬剤師が患者様のベッドサイドにて服薬指導を行います。
患者様に正しい認識で、正確な服薬を行ってもらう事を目的とし、患者様から得られた情報を医師・看護師等に提供する事で治療を効果的、且つ安全に行える様支援しています。

医薬品管理業務

薬物療法に対応する為、医薬品の購入管理、適正な在庫数を確保する為の管理、薬物療法に対応する為、医薬品の購入管理、適正な在庫数を確保する為の管理、有効期限・保管状態をチェックする等の品質管理を行っています。

抗癌剤の調製業務

外来及び入院中の癌の患者様に対し、薬剤師はレジメン(投与計画書)の管理から薬剤の混合調製まで関与し、安全で効果的な化学療法を行います。

チーム医療

薬剤師は感染防止、栄養サポート、医療安全等、院内の様々なチーム活動に参画し、病院全体の質の向上に貢献しています。
日々進歩する医療に対し、薬剤師としてどう向き合い、何ができるのか、何をすべきかを常に考え、患者様に最良の医療サービスを提供できる様、日々努力していく所存でございます。